プロバイダを乗り換えると電話代が安くなる?

プロバイダのほうがお金がかからないといわれて、今のプロバイダを選び契約する際、最低利用期間を設定しているプロバイダを乗り換えてしまったなと、悔いています。
使用しているのが光回線ならIP電話を使ってみると安くつくし、便利です。
光回線を使うので、一般の電話回線のように音声データを繰り返し交換機から中継しなくてもよいのです。
そのため、電話料金がとても安くなり、プロバイダが多くなっています。
キャンペーン特典のみを受けとって、すぐに契約解除されたり、他に乗り換えられることのないように違約金という制度を設けているのです。
もしも、途中で解約をする場合には、違約金について申し込み前に、確かめてから手続きを行う方が良いでしょう。
ずいぶんと長いこと光ファイバーインターネットを使っていることになります。
光回線の会社を変えて何社かを渡り歩いてきました。
これまで光回線を使ってみて通信速度に遅いと不満を感じたことは全くありませんでした。
動画を観るのも快適で、他の回線に戻ることはないと感じています。
光ファイバーのキャンペーンは大きなお得感があるものが大量です。
私が契約したタイミングでは、光ファイバーインターネットサイトから契約すると、特典が受けられるというプランでした。
特典が使えるようになるのは契約した時から1年後だったのですが、現金の戻ってくる額が多かったので、楽しかったです。
せっかくの契約ならお得感がある方が良いと思った話です。
この光ファイバープロバイダに変更したのですが、失敗したと思っています。
確かに、料金の面ではかなり金銭的負担が減りました。
でも、頻繁にネット回線の調子が悪くなってしまったり、回線速度が低下してしまったりで、前のプロバイダの方がはるかに快適だったのです。
安易に光ファイバープロバイダにより、異なりますが、月額の基本料金が一般の電話回線よりも安くなるケースがほぼ全部です。
次のインターネット環境として、候補に光ファイバー通信を入れています。
どうせなら得した方がいいので、どういったキャンペーンが行われているのか調べました。
ざっと目を通したところ、他社から乗り換える方法でキャッシュバックというものが存在しました。
対象などを調べて、慎重に考えようと思います。

インターネットプロバイダーでテレビが見られる?【サービスを選ぶには】